代々木駅の段差/御茶ノ水駅の段差

Site:JR代々木駅、御茶ノ水駅
Generator:鉄道開発、駅舎の改築、沿線の地形ほか
Date:不明

JR代々木駅の2・3番ホームには約10cm程度の段差があり、「足もとにご注意」の看板と転倒防止の柵がそばに設置されている。ホーム上に利用者を躓かせかねない段差が生じているのは、延伸・増設を繰り返してきた代々木駅特有のホーム構造と、隣接する代々木駅-新宿駅区間の立体交差と急勾配が影響している。つまり、段差は利便性の追求が発生させた鉄道開発のひずみ、解消不可能な地形的問題の兆候として観察することができる。同様の段差は、御茶ノ水駅下り線ホームにも存在する。