地図混乱地域

Site:日本各地
Generator:登記手続、宅地造成における管理不行き届き、自然災害ほか

地図混乱地域とは、不動産登記や公図に記載されている内容と実際の土地の位置や形状が相違している地域のこと。その土地の地権者が不明・曖昧であったり、民間による土地区画整理事業が途中で放棄された地域であったり、水害、地震、山崩れなどの自然災害が土地を変形させたりすることで地図混乱地域が生まれる。登記上、複数の地権者が存在して権利紛争の場となるケースが多いほか、地番がないために郵便物の誤配が起きる、自治体による管理が行き渡らずライフラインその他の整備ができない、地図訂正の作業が遅れるといった様々な問題が生じる。地図混乱地域とはすなわち、地図や不動産登記簿の更新、境界線の引き直し、土地をめぐる利権の調整を要求する錯綜の場である。