所有者不明土地

Site:日本各地
Generator:土地相続手続きの不十分ほか

日本国内には不動産登記簿を確認しても所有者が確認できない土地があり、その総面積は国土の約22%にも上る(平成29年度国土交通省調べ)。所有者不明土地が発生するのは、相続登記の手続きが正しく行われなかった、所有者が転居したときに住所変更の届けが行われなかった等の理由からであり、所有者不明土地が増加すると、公共事業による開発が遅れたり、土地の管理が行われず周辺環境が悪化するといった社会問題に発展する。翻って、所有者不明土地を、国家や行政が介入しづらい「宙吊り」の場所として定義することもできる。