掟の門
Gate of low

Site:文学
Generator:フランツ・カフカ
Date:1915

その門は常に開かれていたが門番は入っていいとは言わなかった。田舎から出てきた男はその門の脇で死ぬまで待った。その門は彼ひとりのための門だった。