スペイシャル・ポエム
SPACIAL POEM

Site:地球ほか
Generator:塩見允枝子
Date:1965-1975

地球をひとつのステージとみなし、世界各地の人々にインストラクションを送ってその内容を実施してもらうイヴェント。白紙のカードに何らかの言葉を書いてどこかに設置してもらう「ことばのイヴェント」、時差を計算した表をもとに人々が同じ時刻にどこを向いていたかを報告しあう「方向のイヴェント」、物体を意図的に落下してもらってその演奏の様子を採集する「落下のイヴェント」など、9つのイヴェントが数年にわたって実施された。当時は航空郵便が唯一の通信手段という時代だった。