Practices

Supermarket

スーパーマーケット

スーパーマーケットに通うこととは、近所の見知らぬ人々と大きな冷蔵庫をシェアすることだ。

引っ越しの多い私が1年前に越してきた三河島は、都内最古のコリアンタウンであり、今ではアジア全域からたくさんの移民が暮らしている。街を歩けば、日本語と同じくらい外国語が聞こえてくる。商店街も多文化で、一般的には日本人に馴染みのないお店も多い。私の住居に一番近いスーパーマーケットはハラル専用のお店である。バングラディッシュ人のオーナーが切り盛りするこのお店は、イスラム教において神に許された食材のみを販売する。

私たちは近所に用意されたお店を選び、そのお店に用意された商品から食べるものを選ぶ。住む場所が変われば通うお店も変わり、毎日食べるものも変化する。スーパーマーケットは私たちの日常を規定するともいえる。食べたいものを買いに行く、そんな私たちの日常的な行為は実のところ、ある種の強制と排除を含むかもしれない。つまり、スーパーマーケットを中心とした「私たち」の地域のなかに、その空間の様式に馴染まない「別の誰か」がいるとしたら?

本企画は、日本の一般的なスーパーマーケットに通う私が近所のハラルのお店に訪れ、お店や店主と交流することから始まった。この2日間は、私が店主と店頭に立ち、インスタントな展示やお茶なども介し、一つの空間のうちにいる他者同士の共有しえない共同プロジェクトの実践を試みる。

Site

ラマニアスーパーマーケット|東京都荒川区西日暮里1丁目2−10
Google Map

Generator/Organizer

ラマニアスーパーマーケット店主 ナシモさん、中島りか

Date

2023年7月29日(土)、30日(日)
14時–18時

Access

JR常磐線 三河島駅より徒歩4分
京成本線 新三河島駅より徒歩5分
JR山手線 西日暮里駅より徒歩13分