Profile

Hatsune Katayama

片山初音

1998年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業。木や網などの素材を使用し、環境の条件を変えることで場を変貌させるインスタレーション作品を制作。意識下で慣例化された環境や、事物が存在する場としての環境に関心を持ち、その場所を捉え直すことでそこに存在する主体について思考している。それはその先の共同体を視つめることにつながる。主な個展に「蓄積を / にたつ」(武蔵野美術大学FAL、東京、2021) 「足の下のかたさ」(LIVE スタジオ696倉庫、埼玉、2021)その他の展示に「都会化された荒野で」(南相木村山荘とその周辺、長野、2022)など。
https://www.hatsunekatayama.com

2020 | 木
2020 | 木