Toilet

トイレ

Intension

大便、小便、嘔吐などを排泄する場所

Extension

公衆トイレ、手洗い、レストルーム

便所(べんじょ、: toilet トイレット、lavatory)は、排泄する場所[1]。トイレットを短縮して「トイレ」、英語のlavatory[2] 同様の「お手洗い」、「water closet ウォーター・クローゼット」を略して「WC」など様々な呼び方がある

以下、諸文献でも「○○式トイレ」と表記していることのほうが多いので、元が「トイレ」と表記している場合は、この記事でも「トイレ」という表現も使う。 手を洗うための場所(手洗い場、洗面台)が併設されていることも一般的である。ホテルの客室などの場合は、同一の室内に、便器、洗面台、シャワーや浴槽(バスタブ)が設置されていることが多い。これを三点ユニット(式)という。公共施設ではバリアフリーの観点から、障害者や乳児のおむつ交換などへの対応を兼ねた、広い面積の個室(多目的トイレ)が設けられる場合も多い

Example

マーキング
Marking

Site:壁|柱|木
Generator:犬
Date:Prehistory -

テリトリーや自分の存在を示すため、オス犬は片足をあげてなるべく高い位置に尿をかける。

Fountain

Site:過去のグランド・セントラル・パレス
Generator:マルセル・デュシャン
Date:1917

カーテンの後ろに展示された《泉》を見た人間は限られている。人々は《泉》について事後的に過去として知ることになる。それは既に作られていた、既に隠されていた、既に紛失していた、など。レディメイドは「既に」過ぎ去った物事を後から捉え直すという時制において成立する。